学資保険からお金を借りる方法

学資保険の契約者が一時的にお金が必要になった時には、保険会社からお金を借りることが出来る
「契約者貸付制度」というものがあります。
お金を借りやすく、便利な制度ですが、その一方でわかりにくい制度にもなっていますので慎重に活用する必要があります。

学資保険で契約者貸付制度を活用するときの注意点は、
①貸付金の年利には複利が適用される
②解約返戻金の額よりも貸付金額の方が多くなってしまった場合には、保険自体が失効してしまうことがある
③保険加入時期によっては、予定利率が高いので、貸付利率も高くなってしまう可能性がある
④祝い金や満期金がある場合には返済額から差し引かれてしまう
などがあります。

そもそも、学資保険は生命保険の一種で、契約者貸付制度により保険会社からお金を借りることが出来ます。
借りられる金額は通常、解約返戻金の70~90パーセントの範囲内です。
但し、契約者貸付を受けられるのは契約者本人限られます。
手続きには、所定の書類に必要事項を記載の上、保険会社へ提出します。
勿論、お金を借りることになりますので、借りたお金とその利子分も合わせて返済しなければなりません。

この制度を利用する為には、
まず、保険会社のコールセンターに契約者本人が連絡します。その際に、証券番号が必要になるので、
保険証券を手元に用意してかおきます。
手続きに必要な書類が保険会社から送付されてきたら、必要事項を記載し保険会社に返送します。
約1週間ほどで保険会社から契約者本人の指定口座へ振り込みされます。
保険会社によっては専用のカードがあり、ATMなどでお金を借りることも出来る場合もあります。

学資保険は、契約者貸付制度により、保険会社からお金を借り入れることが出来ますが、銀行融資や、キャッシングとは違う注意点があります。
活用するときには、注意点をよく理解したうえで申請することが大切です。

【即日】お金を借りる方法まとめ|今すぐお金借りたい!おすすめは?はこちら